タグ別アーカイブ: essay

先生

4月から愛知工業大学で非常勤講師を勤めさせて頂くことになりました。若い学生さんに私が何を教えられるのだろうか?と戸惑いが無いと言えば正直嘘になりますが、周りの皆様に迷惑を掛けないよう頑張りたい所存です。 続きを読む

すまいる愛知住宅賞 (独)都市再生機構中部支社長賞受賞

The Distanceが平成28年度すまいる愛知住宅賞 (独)都市再生機構中部支社長賞を受賞したので、中区役所ホールでの授賞式に参加してきました。昨年、一昨年に引き続きの受賞、とても嬉しく思います。 続きを読む

NHK出演

NHK BS1、11月6日(日)に3:20、Design Talks PlusにMirrors他作品とともに私が登場します。是非ご覧になって下さい。もともとはNHK Worldの番組で放送されていたものの再放送です。内容は英語で分り難いとは思いますが、映像でMirrorsの空間が登場するので写真とはまた違ったイメージで見ることができます。 続きを読む

Bob Dylan

ノーベル文学賞はボブ・ディラン!!と聞いて驚いた。評価が高くてにここ数年確かに噂されていたこともありましたが、正直ビックリしました。 続きを読む

Visiting Nagoya City Art Museum

As getting more familiar with Nagoya now, I have made use of sometime at weekends to go exploring around Nagoya.
I have read a book about Japanese famous architect Kisho Kurokawa (黒川紀章) and his architecture when I was studying in the U.K. The first impression to me of his design was very much of Post-Modernism, where numerous geometry forms were applied to express his own abstract symbolic style in somewhat a similar manner of James Stirling’s. After viewing the photos and drawings of Kurokawa’s design, in particular Nagoya City Art Museum, those powerful geometry compositions had given me profound visual impact that I imaged the real building would be grand and masculine.
続きを読む

Architizer A+ Awards, Jury Winner

Mirrorsがアメリカ、ニューヨークのArchitizer A+ AwardsのJury Winnerを受賞しました。レストランのカテゴリーでファイナリスト5名に選ばれてからというもの、ドキドキしながら結果を待っていましたがとうとう選ばれてしまいました。1等です。しかも!審査員が選ぶ賞を頂きました。せっかくの機会なので、ニューヨークシティで5月12日に開催されたセレモニーに参加してきました。NYCに行くのは正に10年ぶり!!でしたが、再開発で変化の激しい都市といえど雰囲気はあの頃のまんまでした。 続きを読む

A New Spring – A New Start

Hello! I am Kristen from China. I studied architecture in the U.K. and I just graduated last year. I am so glad and thankful that I could have this opportunity to come to Japan and do my internship in bandesign!
こんにちは。中国から来ましたクリスです。私はイギリスで建築を学び、昨年卒業しました。日本に来ることができ、bandesignにインターンシップとして参加できることをとてもうれしく思い、感謝しています。
続きを読む

Architizer A+ Awards

MirrorsがアメリカニューヨークArchitizer A+ Awards、Hospitality – Restaurantsカテゴリーのファイナリストに選ばれました。今後はWinner、一等賞の発表を待つばかりです。期待していないと言えば嘘になりますが、図々しくもこれ以上は望めないと今は自分自身言い聞かせています。何故なんでしょうか。 続きを読む